Top
カウンターがお薦め。NYスタイルのNewフレンチ :『Jean-Georges TOKYO』六本木
d0114093_5115093.jpg

オープン時に気になっていた『Jean-Georges TOKYO

気づけば、もう1年ちょっとが経ってしまいましたが、
念願かない、やっと訪れる事が出来ました。





 
 
 
 
 
Jean-Georges(ジャン・ジョルジュ)』は、
NYで10年連続でミシュラン3星に輝く人気レストラン。

こちら、六本木けやき坂にある
Jean-Georges TOKYO』も、ミシュラン東京1つ星です。
d0114093_5114317.jpg




店内に入ると、1Fはカウンター席のみ。

普通”カウンター”と聞くと、1人 or 2人用で
グループだと座りにくいのでは?と想像します。

しかし、Jean-Georges TOKYOのお席は、
シェフズキッチンとも呼べるオープンスペースになっており
カウンターこそが本当にお店を楽しむことの出来る最良のお席。

4,6,4席が、段差を付けて配置されており、
私たちは4人でお邪魔しましたが、話しにくい事もなく、また他のお客様が気になったりもせず、
シェフやソムリエの方と、目線が一致するため、かなりフランクに会話を楽しむ事が出来ました。
d0114093_5113754.jpg







この日選んだコースは、8 Course JG Summer Tasting Menu
そして、このコースにピッタリと合わせた 8 Course Wine Pairing

最近ワインペアリングを行っているレストランが多くなってきたのは、
一皿づつ適切なワインを選んで貰え、自分では探せない新しい出会いにもなりますし、
もちろん、ボトルが飲み切れない私には、グラス1杯の量が嬉しい限りです。
d0114093_5113140.jpg


スタートは、Champange  「N.V. Billecart Salmon Brut」
d0114093_5112574.jpg







メロンと胡瓜のガスパチョ
メニューを読んだ段階で、ガスパチョか~。。。(ガスパチョが少し苦手)
と思っていた私を見事に、裏切ってくれたスープ。

メロン、胡瓜、ヨーグルト、そしてミント、レモングラス、さらにパッションフルーツ。
これだけの物を使っているにも関わらず、どれもが主張しすぎずに、
全体として夏らしく爽やかな味わいに収まっていました。  これ美味しいですよ!
d0114093_5111983.jpg


とにかく、ミント使いが絶妙。
強すぎると歯磨きみたいになることもあるのに、これは嫌みが全くないのです。

実は、前評判で、スパイスの使い方がキツめで、
人によっては苦手な味があるかも?と聞いていたのですけれど、
スープ1つに対しても、これだけ考えられているとなると、今後の期待がぐっと高まります。





エッグトースト、キャビアとハーブ
運ばれてきた瞬間???プチトマト。と完全に思い込んだのがこちら。ww

本当は、蘭王と言う大分産の卵を、
61~2度で1時間半ほど火入れを行い、
ねっとりと絡みつくような食感を出していたのでした。
タンパク質の変性を考慮し作られた卵は光が透けて見える程に繊細。

ブリオッシュ生地のバター感と、キャビアの塩気、そして玉子。
食べてお皿から失くなってしまうのが惜しかったです。
d0114093_5116100.jpg


キャビアの盛り方も、かなり大盤振る舞い。
これはNY Jean-Georges氏の”乗せるならガッツリ乗せろ!”と言う指示らしく。(笑)

ほんの少しで見栄えだけの味もしない様な乗せ方ではなく、
食材としてきちんと風味と塩気を感じるように使え!という事なのですが、
お店側として、最大限に良い品を探し、価格ぎりぎりまで盛られていました。

ご本人が来日されている時などは、
隣で見ていて手を止めたくなった。。。と言ってましたから、
Jean-Georges氏乗せっぷりはいか程だったことでしょうね。






2008 Henri Bourgeois Sancerre 「le MD de Bourgeois」
ソムリエの方曰く、この2008年はかなりヒットらしく、
日本に入っている分(確か120本)を全部買い占めたのだとか!!!
d0114093_5111331.jpg

振り返ってみると一番好きだったワインがこちら。
Sauvignon Blanc がやはり好き♡
買い占めた中から一本分けて下さいと、本気でお願いしたい。。。




真鯛のカルパッチョ, グリーンチリ ピスタチオとミント
d0114093_511090.jpg

ミントや、手製のグリーンチリ(柚子胡椒のような物)、ピスタチオ。
一瞬、バラバラな方向性に行きそうな組み合わせですが
テーブルで仕上げに掛けられるオリーブオイル(淡路島産)が全体をまとめ上げています。
d0114093_5105085.jpg



チャードコーンラビオリ チェリートマトとバジル
正に夏の盛りの味。
コーン自体を練り込んだラビオリに、フレッシュコーンがたっぷり盛られています。
d0114093_5104482.jpg


中身も、炭火焼したコーン!! 
コーン三昧なのに、歯ごたえや風味が違っており、
合わせて頂いたワインの甘めな香りと共に、口の中で弾けました。
d0114093_5103892.jpg




現在、六本木の米澤シェフは、NYで初めて日本人としてスーシェフにまでなられた方。
1品1品説明をして下さいますし、質問にも、他愛無い話も乗ってくれます。ww
話が楽しくて、ソムリエさんのワインの説明を聞いていなかったり。ゴメンナサイ! 
レストランで、こんなにシェフとお喋りしながら食べることって少ないと思うのです。
(大抵は最後のあいさつ位ですよね。)
この近さが、『Jean-Georges TOKYO』の最大の特徴ではないでしょうか。
d0114093_510314.jpg





大粒ホタテとカリフラワー ケッパーとレーズンエマルジョン
コースの中で、私が一番気に入ったメニューはこちら。
これを食べるためだけでも、もう一回食べに行きたいくらいに気に入っています。
d0114093_5102581.jpg

ケッパーとレーズンを合わせたソースが、とにかく帆立とカリフラワーに合います。
バターを使い濃厚さをだしていたり、NYでも人気のメニューだそうです。
d0114093_5101826.jpg


2010 「Meursault」 Burgundy
d0114093_5101297.jpg





甘鯛の鱗焼き ユリ根 ラデッシュとセサミのソース
いわゆる”ぐじの松笠焼き”のアレンジ。
甘鯛(萩産)のウロコのパリッとした歯ごたえは、とにかく美味しいです。

お聞きすると、築地に通い日々新しいメニューチャレンジをしており
甘鯛を使うのは日本独自のアレンジで、NYでは他のお魚。
鱗焼きにするならば、甘鯛がずば抜けて美味しいという事でした。

手前の小さな点は、ラベンダー。
これを一かけ口に含むと、口の中に一気にプロバンスの風が吹き抜けます!!!
食事にラベンダーは、なかなかの新体験ですね。
d0114093_51055.jpg





目線をキッチン方向へ向けると、我々のメインが完成間近!
フレンチですと、下手したら違うフロアに厨房なんてこともあるのに
JGでは作業場から、テーブルまでの距離が本当に近く、熱々がザーブされます。
d0114093_595937.jpg




飛騨牛のシアード サマースクワッシュ ハバネロチリバター
じーっと眺めていたメインがこちら。ww 
飛騨牛は私が好きな品種でもあり、一口食べて幸せいっぱい。
d0114093_59526.jpg

艶やかで、艶めかしい美しさは、火入れをきちんと見極めているから出来るプロの技です。
d0114093_594367.jpg






ライムシャーベット
ライムの酸味がキリッと効き、舌がリセットされ引き締められます。
生のままだと酸っぱすぎるライム、マリネすることにより、マイルドにし、
頬がきゅ~っとなる、一歩手前の心地よい酸味を感じる事が出来ました。
d0114093_593595.jpg

ここまでで、かなりな品数を食べていたので、
この段階で私のお腹はかなり満腹だったわけですが、
シャーベットで一気に気分が変わりました。



バジルパンナコッタ サマーベリー ブルーベリーのソルベ
食べるビックリ、本気で”バジル”なんです。
コース全体を通してハーブ使いの上手さは分かっていましたが
この手で来たか!!と、手を叩いてしまう様な、味の面白さがあります。
上を飾っているのは、フリーズドライのストロベリーです。
d0114093_592765.jpg


プティ フール
王道のヌガーに、西京味噌のキャラメル、柚子風味など、
日本の味を取り入れた、一ひねりある小菓子。
d0114093_592096.jpg




最後まで、遊び心を忘れず、
それでいて、素材の味を生かしているメニューを頂き、
とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。

お席の目の前は、
ベルギー製の器が並べられ、さながら美術館の様。
器大好きな私としては、このお席最高です。
d0114093_591545.jpg



当初、米澤シェフやソムリエの方と、
ここまで密にお話が出来るとは思っていなかったので、
かなり印象深い結果となりました。

やはり、『Jean-Georges TOKYO』は
カウンターでのお食事を強くお勧めします。





<備忘録> この日飲んだワイン
d0114093_585926.jpg








Jean-Georges TOKYO

TEL 050-5570-5950
住所 東京都港区六本木6-12-4

営業時間 Lunch: Mon-Sunday 11:00-15:00 (LO:14:30)
       Dinner: Mon-Sunday 17:00-0:00 (LO:Food22:00/Drink22:00)
       テラス席: Mon-Sunday 11:00-22:00
by ikuko07 | 2015-08-12 05:03 | 食べ歩き Food
<< 渋谷の名店が新橋に進出。 : ... 女子旅のお疲れ様会で中華三昧 ... >>



・食べ歩きと旅が大好きなフードアナリスト。日々の出来事をつぶやいています。     
by ikuko07
カテゴリ
全体
食べ歩き Food
食べ歩き Sweets
うちごはん Food
うちごはん Sweets
集い etc
サントリー公式 (ビール&ワイン)
-------
旅行記-国内
 L京都・桜/2017
 L沖縄・石垣/2016
 L三重・北勢エリア(四日市,桑名)
 L谷川岳 一ノ倉沢2016
 L三重・伊勢鳥羽/伊勢神宮・石神さま
 L京都-大阪-岐阜/2016春
 L埼玉 ヘリテイジホテル/2015
 L京都・大阪/2014秋
 L東京島旅:八丈・御蔵・三宅/2014
 L浜名湖/2014 ヤマハ
 L香川/2014
 L鹿児島/2014
 L星野リゾート界 熱海/2013
 L岐阜・加子母/2013
 L鳥取・島根/2013
 L東京島旅:新島・式根島/2013
 L福岡/2013
 L福島 ハワイアンズ/2013
 L愛媛・松山/2012
 Lシャングリラホテル/2012
 L奈良/2012
 L大阪/2012
 L広島・宮島/2012
 L山梨・勝沼wine/2012
 L山形・鶴岡・酒田/2012
 L奈良/2011
 L大阪/2011
 L名古屋/2011
 L福岡/2010
 L京都・紅葉/2009
 L富士登山/2009
 L沖縄/2008
 L京都・桜/2008
-------
旅行記-海外
 Lスペイン (バルセロナ&イビサ)
 L台湾/2017
 Lチェコ/2016
 L香港/2016
 Lタイ/2016
 Lロンドン/2016
 L台湾/2016
 L香港マカオ/2016
 L台湾/2015
 Lグアム/2014
 Lバリ島/2014
 Lマンダリン台北/2014
 L台湾/2014
 Lニューヨーク/2013
 L台湾/2013
 Lハワイ/2012
 Lグアム/2011
 L台湾/2011
 L旅行過去記事
 L台湾/2009
 L沖縄:石垣島/2014
 L沖縄(那覇)/2014
-------
・Beauty
・Digital
・Food
・Other
写真館
買い物
習い事
WCBA
手作り
お教室
Free
{Instagram}
未分類
【スパムが多く
 コメント欄閉じました】

管理人ikukoへの連絡は
ikukodays007@gmail.com
までお願いします。


◇各社主催ツアー
・チェコ観光局主催
 ブロガーツアー
・ユナイデッド航空 &
 PICグアムホテル主催
 ブロガーツアー
・マンダリンオリエンタル主催
 プレスツアー
 マンダリンオリエンタル台北

・公益財団法人  
 東京都島しょ振興公社
 東京島旅:八丈島・御蔵島ドルフィンスイム・三宅島
・ヤマハ発動機主催
 ブロガーマリン体験会
・星野リゾート主催
 星野リゾート界 熱海
・公益財団法人
 東京都島しょ振興公社
 東京島旅:新島・式根
・日本ガラスびん協会
 /全国清涼飲料工業会
 ガラスびん&地サイダー ラムネ工場見学
・愛媛県松山市主催
 ブロガーツアー
・グアム政府観光局主催
 プレスツアー
・創立100周年・JTB主催シャングリラ・ホテル東京
・全日本空輸主催  
 実証週末タイムライン
『カメラ女子×日本の世界の旅』

・JR東日本『旅市』主催庄内雛街道お雛様めぐり
・日本コカコーラ主催 
 からだ巡茶 沖縄旅行


◇掲載
・エキサイト
 ピックアップブロガー
・ブロぐるめ
 I LOVE my Camera
・エキサイト花火特集2009
 素敵な花火写真の撮り方



◇使用カメラ 
・CANON:M3
・Nikon:D80
・iPhone6
・CANON:IXY 900 IS

◇使用レンズ 
・CANON
 EF-M 22mm F2 STM
・Ai AF Nikkor
 35mm F2D
・Nikon:AF-S DX VR
 Zoom Nikkor ED
 55-200mm  
 F4-5.6G(IF)
・TAMRON:
 SP AF17-50mmF/2.8
・クローズアップレンズ

Copyright(c) IkukoDays all rights Reserved since 2008



ikuko07をフォローしましょう ikuko07をフォローしましょう

旅行記blog 
  Small footprints
  

◇過去のblog
  気ままに綴るDiary



-----------

d0114093_1651369.jpg
サントリーグルメガイド
公式ブログ


d0114093_811359.jpg
 WCBA公式ブロガー


d0114093_848304.jpg



中央区 レストラン
旅行口コミ情報


ブログタイムズ


無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ



あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



Google





ランコム ローズ マガジン





検索
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
タグ
(1685)
(1320)
(437)
(394)
(289)
(228)
(227)
(207)
(201)
(192)
(189)
(147)
(142)
(124)
(118)
(118)
(113)
(104)
(101)
(85)
最新のコメント
>06-26 22:17..
by ikuko07 at 14:22
>06-16 22:12..
by ikuko07 at 14:38
>苺子さん 今の時期が..
by ikuko07 at 03:28
行こう! 外がいいよね..
by 苺子 at 17:52
ありがとうございました。..
by buonasera at 11:30
最新のトラックバック
美しい緑と中世の街並み、..
from dezire_photo &..
美しい緑と中世の街並み、..
from dezire_photo &..
有田焼 花かれん ラテ&..
from CRAFTS DESIGN
記事ランキング
お願い