Top
桜を愛でながら絶品ピエモンテ料理 : 『 リストランテ カシーナ カナミッラ 』 中目黒
d0114093_12154052.jpg

桜の季節になるといつも訪れている、目黒川。
水辺と桜のコンビネーションは、見惚れてしまう美しさがあります。

そんな、美しい川沿いに建ち、
いつも満席で気になっていたお店かこちらでした。




 
 
 

リストランテ カシーナ カナミッラ』は、
イタリア・トリノで、星付きのリストランテ「ラバリック」にて4年半の修業を終えた、
岡野健介シェフが腕を振るう、ピエモンテ地方の郷土料理をベースにしたイタリアン。
日本において、オールランド的なイタリア料理は多いのですが、
地域色豊かなピエモンテ料理が、ここまで楽しめるお店は他にないかもしれません。


ピエモンテ州:イタリア北西部に位置し、国境を隔てて北はスイス、西はフランスと接する地域。
         伝統的に使われてきた食材は肉と野菜、また畜産が盛んで乳製品も豊富。
         秋と冬は、野生獣の狩猟が解禁になり、キノコやトリュフの収穫も盛ん。







「イタリア料理を楽しむ Gioia-ジョイア- ¥6,500」
「日本人の感性で花開いた Fiorita-フィオリータ- (シェフのお任せコース) ¥8,500」


ディナーは、上記2コースとなり、
今回は、¥8,500のお任せコースを頂きました。






Inizio ペペロナータ
最初に見た時、野菜の色合いの濃さに驚き。
口に入れ、その味の濃さに、二度びっくりしました。

私のペペロナータのイメージが、”野菜のくたくた煮”の様なものであったのですが
こちらは、適度な歯ごたえを残し、その上で、煮込まれ野菜の甘さが引き出されています。
d0114093_12152288.jpg







Antipasti 尾崎牛のタルタルとフレッシュ ポルチーニのスライス
尾崎牛とは、宮崎牛の一種で、尾崎さんが作られた牛。
(この方が作る牛は別格なほど美味しく、別ブランドになったとの事!凄い!!)

適度に叩かれた尾崎牛からは甘味、フレッシュポルチーニからは薫り、チーズからはコク。
それぞれの最高級食材が、岡崎シェフの手にかかると見事なハーモニーとなります。
d0114093_12143562.jpg

更に、このお花のような繊細な盛り付け。
ピエモンテ州は、フランス国境に近くフレンチの影響を受けているので
イタリアンの中では一番美しく、女性好みだと思います。





Antipasti ロビオラロッカヴェラーノチーズのムースとサラダ はちみつのサルサロビオラ
これは、ヤギのフレッシュチーズ。 
多少、ヤギっぽさと、カビっぽさがありましたが、新鮮なので、私は全く気になりませんでした。
ソースのちょっとした甘味が、チーズの風合いをぐぐっと引き出して
合わせて頂いたワインに物凄く会い、むしろ、もっと沢山下さいと言いたくなりました。ww
d0114093_12143229.jpg






Antipasti フォアグラの葉包み
一口でパクッと食べられそうな、小さな小さなポーション。
その中に、フォアグラが詰まっているという手の込んだ一品です。

フォアグラと甘みのあるソースは付き物ですが、
コルシカ島のマーマレードが使われており、柑橘系の爽やかな香りも感じられました。
d0114093_12142732.jpg

私は少~しフォアグラが苦手なのですが、
この位の分量で軽く、爽やかに料理して頂けると、むしろ好物になりそう。






Antipasti 真鯛のヴァポーレ 黒米とルーコラ
d0114093_12142450.jpg


ふんわり優しく火入れされた真鯛 & 歯ごたえを残した黒米のプチプチ感。
この食感の対比が、とても心地よく感じられた一皿です。

魚を扱わせたら、世界中で一番上手なのは日本人だと思うので
もしかしたら現地に行っても、このレベルを食べるのは無理かもしれません。
d0114093_1214227.jpg








こちらが、『リストランテ カシーナ カナミッラ』 の スペシャリティエ。
Primipiatti アニョロッティ ダル プリン


これは、ピエモンテの伝統的なプリモピアットであり、
プリン=つまむという意。
具を包んだパスタ生地を、手でつまんで形を作るパスタです。
通常のラビオリであれば、2枚のパスタで上下を挟見作る所
こちらは、1枚のパスタを端から折り畳み、包むように作ります。

サイズも、かなり小さめの可愛らしいく
食べてみると、知っているラビオリよりも、つるんとした印象でした。
ただ、味のインパクトは大きく、
この小さな中から弾けるフィリングの旨みが口に広がります。
d0114093_12141961.jpg








Primipiatti ニョッキとフレッシュポルチーニ イタリアンパセリのスキューマ

茹で加減がちょうど良いニョッキに久しぶりに出会いました。
また、イタリアンパセリのグリーンが美しいスキューマ(泡)、
ソースをスキューマにしているので、口に入れた時の香りの広がりが良かったです。
d0114093_12141577.jpg

意外とニョッキを苦手と言う人が多いですが、
それは美味しいニョッキを食べたことが無いから!と、わたしは断言します。 
こちらのニョッキは本当に美味しい。








Secondopiatto 蝦夷鹿のロースト ジャワペッパーと人参のピューレ
d0114093_12141376.jpg

メインは、ジビエを頂きました。 
ピエモンテは、山が多い地方でもあり、昔からジビエが盛んで料理法も多彩。
さらに今年日本は、「鹿肉の当たり年」らしく、見た目で素晴らしさが分かります。
(森の木の実が豊富な年で、鹿のエサが豊富でにあったらしいです)


この鹿独特な、滑らかな赤身肉。
赤みが大好きな私としては、牛肉よりもこちらの方が断然好き。

付け合わせは濃厚な人参ピューレと、
トリノ出身のシェフらしいチョコレートソースの組み合わせが光りました。
d0114093_121411100.jpg



面白かったのは、ジャワペッパー。
引く前の物を見せて頂き、試食しましたところ、後味にスッとする清涼感が広がります。
d0114093_1214999.jpg










そして、ドルチェへ。


Dolceの前の一皿
サツマイモはチップスになり、下にソルベが隠れていました。
ソルベには、カルヴァドスが効いています。
d0114093_121472.jpg






Dolce モンブラン
ほうじ茶のジェラードと、ぷちモンブランの組み合わせ。
日本の和栗も美味しいですが、
イタリアの栗にも、また別レベルの美味しさがあります。
d0114093_121458.jpg


別々に食べるより、スプーンの上で、
モンブラン+ジェラードにした後、一気にお口へ運ぶと悶絶級。
モンブラン好きとしては、このドルチェには一本取られた感じを受けました。
d0114093_1214345.jpg






最後には、エスプレッソorコーヒーで、プティフールを。
d0114093_1214113.jpg




味付けや調理方法も、優しく、美しい。
フレンチの様にバター・生クリームの多用は無く
全体的にポーションが軽めとなっており
フルコース10品を、無理しなくとも食べる事が出来ました。

このクオリティーで、この価格は驚きのCPだと思います。

桜の時に~!なんて考えず、
季節ごとにお伺いしたい位に気に行ってしまいました。
もっと早くに訪れておけば良かったです。





RistoranteCascinaCanamilla (リストランテ カシーナ カナミッラ)

住所 東京都目黒区青葉台1-23-3青葉台東和ビル2F
電話番号 03-3715-4040
営業時間 11:30~14:00(L.O.) 18:00~21:30(L.O.)
定休日 火曜日 第三水曜日のランチ
by ikuko07 | 2014-10-28 12:17 | 食べ歩き Food
<< ワイン選びに悩んだら、名ソムリ... 手軽なコラーゲンドリンク&パウ... >>



・食べ歩きと旅が大好きなフードアナリスト。日々の出来事をつぶやいています。     
by ikuko07
カテゴリ
全体
食べ歩き Food
食べ歩き Sweets
うちごはん Food
うちごはん Sweets
集い etc
サントリー公式 (ビール&ワイン)
-------
旅行記-国内
 L京都・桜/2017
 L沖縄・石垣/2016
 L三重・北勢エリア(四日市,桑名)
 L三重・伊勢鳥羽/伊勢神宮・石神さま
 L京都-大阪-岐阜/2016春
 L埼玉 ヘリテイジホテル/2015
 L京都・大阪/2014秋
 L東京島旅:八丈・御蔵・三宅/2014
 L浜名湖/2014 ヤマハ
 L香川/2014
 L鹿児島/2014
 L星野リゾート界 熱海/2013
 L岐阜・加子母/2013
 L鳥取・島根/2013
 L東京島旅:新島・式根島/2013
 L福岡/2013
 L福島 ハワイアンズ/2013
 L愛媛・松山/2012
 Lシャングリラホテル/2012
 L奈良/2012
 L大阪/2012
 L広島・宮島/2012
 L山梨・勝沼wine/2012
 L山形・鶴岡・酒田/2012
 L奈良/2011
 L大阪/2011
 L名古屋/2011
 L福岡/2010
 L京都・紅葉/2009
 L富士登山/2009
 L沖縄/2008
 L京都・桜/2008
-------
旅行記-海外
 Lチェコ/2016
 L香港/2016
 Lタイ/2016
 Lロンドン/2016
 L台湾/2016
 L香港マカオ/2016
 L台湾/2015
 Lグアム/2014
 Lバリ島/2014
 Lマンダリン台北/2014
 L台湾/2014
 Lニューヨーク/2013
 L台湾/2013
 Lハワイ/2012
 Lグアム/2011
 L台湾/2011
 L旅行過去記事
 L台湾/2009
 L沖縄:石垣島/2014
 L沖縄(那覇)/2014
-------
・Beauty
・Digital
・Food
・Other
写真館
買い物
習い事
WCBA
手作り
お教室
Free
{Instagram}
未分類
【スパムが多く
 コメント欄閉じました】

管理人ikukoへの連絡は
ikukodays007@gmail.com
までお願いします。


◇各社主催ツアー
・チェコ観光局主催
 ブロガーツアー
・ユナイデッド航空 &
 PICグアムホテル主催
 ブロガーツアー
・マンダリンオリエンタル主催
 プレスツアー
 マンダリンオリエンタル台北

・公益財団法人  
 東京都島しょ振興公社
 東京島旅:八丈島・御蔵島ドルフィンスイム・三宅島
・ヤマハ発動機主催
 ブロガーマリン体験会
・星野リゾート主催
 星野リゾート界 熱海
・公益財団法人
 東京都島しょ振興公社
 東京島旅:新島・式根
・日本ガラスびん協会
 /全国清涼飲料工業会
 ガラスびん&地サイダー ラムネ工場見学
・愛媛県松山市主催
 ブロガーツアー
・グアム政府観光局主催
 プレスツアー
・創立100周年・JTB主催シャングリラ・ホテル東京
・全日本空輸主催  
 実証週末タイムライン
『カメラ女子×日本の世界の旅』

・JR東日本『旅市』主催庄内雛街道お雛様めぐり
・日本コカコーラ主催 
 からだ巡茶 沖縄旅行


◇掲載
・エキサイト
 ピックアップブロガー
・ブロぐるめ
 I LOVE my Camera
・エキサイト花火特集2009
 素敵な花火写真の撮り方



◇使用カメラ 
・CANON:M3
・Nikon:D80
・iPhone6
・CANON:IXY 900 IS

◇使用レンズ 
・CANON
 EF-M 22mm F2 STM
・Ai AF Nikkor
 35mm F2D
・Nikon:AF-S DX VR
 Zoom Nikkor ED
 55-200mm  
 F4-5.6G(IF)
・TAMRON:
 SP AF17-50mmF/2.8
・クローズアップレンズ

Copyright(c) IkukoDays all rights Reserved since 2008



ikuko07をフォローしましょう ikuko07をフォローしましょう

旅行記blog 
  Small footprints
  

◇過去のblog
  気ままに綴るDiary



-----------

d0114093_1651369.jpg
サントリーグルメガイド
公式ブログ


d0114093_811359.jpg
 WCBA公式ブロガー


d0114093_848304.jpg



中央区 レストラン
旅行口コミ情報


ブログタイムズ


無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ



あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



Google





ランコム ローズ マガジン





検索
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
タグ
(1685)
(1320)
(437)
(387)
(289)
(228)
(227)
(207)
(201)
(192)
(188)
(147)
(142)
(122)
(118)
(118)
(113)
(103)
(101)
(75)
最新のコメント
>06-26 22:17..
by ikuko07 at 14:22
>06-16 22:12..
by ikuko07 at 14:38
>苺子さん 今の時期が..
by ikuko07 at 03:28
行こう! 外がいいよね..
by 苺子 at 17:52
ありがとうございました。..
by buonasera at 11:30
最新のトラックバック
美しい緑と中世の街並み、..
from dezire_photo &..
美しい緑と中世の街並み、..
from dezire_photo &..
有田焼 花かれん ラテ&..
from CRAFTS DESIGN
記事ランキング
お願い